うれしい女性

アフターピルは妊娠の可能性のある性交渉後に妊娠を避けるために使用するピルのことです。
通常はその性交渉後に婦人科などに行って医師の診察で処方されるものです。
このアフターピルはその性交渉後72時間以内に飲むとよいと言われます。
もっと効果を出したい場合は、性交渉後24時間以内だと避妊の確率は高くなると言われます。
ではどのような作用でそのような効果を発揮するのでしょうか。
アフターピルは緊急避妊薬と呼ばれる女性ホルモン剤です。
これを摂取すると排卵前であった場合は、排卵を送らせることが出来ます。
排卵を遅らせることが出来ると、精子と卵子が受精する機会がなくなります。
また着床を防ぐ作用もあります。
これは精子と卵子が受精をしたとしても着床しないように防いでくれるので、妊娠には至りません。
またアフターピルは女性ホルモンの作用から強制的に生理を起こさせて妊娠を避ける作用があります。
これにより、内服をしてから早い人では約3日目に生理が始まる人もいると言います。
ホルモン剤なので、医師の指示の元に確実に決まった時間に飲む必要があります。
アフターピルにも種類があり、性交渉後、72時間の間に1回だけ飲んだだけで効果があるとされるもの、また2回の服用が必要な物もあります。
そのためにそのアフターピルの特徴や内服時間などを詳しく知り、妊娠を回避する、避妊に成功するといった作用を得なくてはいけません。
またホルモン剤の作用が効果的なのに対して、副作用にも注意が必要で、腹部が気持ち悪くなる、吐いてしまうなども副作用があるために、内服後は気を付けましょう。
もしも飲んですぐに吐いたという場合などは医師の指示を受けなくてはいけません。

アーカイブ
人気記事一覧
サイト内検索