• ホーム
  • アフターピルだけに頼ってはいけない?

アフターピルだけに頼ってはいけない?

頭が痛い女性

アフターピルは避妊に失敗した際に飲んで妊娠を防ぐものです。
コンドームをつけていても外れたり破れたりしたときの望まない妊娠を防ぐために効果を発揮してくれます。
しかしアフターピルは飲むと体内の女性ホルモンを一時的に大きく変えてしまうため、吐き気やむかつき、むくみなどの副作用が起こってしまいます。
そのため、避妊に失敗した時のみに飲むもので性交渉のたびに飲むものではありません。
毎日飲むことで妊娠を防ぐ低用量ピルはほぼ100%と言われている避妊率がありますが、同じピルという名前がついていてもアフターピルは妊娠率が高くなってしまいます。
避妊を確実に行いたい場合には他の避妊方法を一緒に行うべきです。
特にコンドームは重要です。
アフターピルは妊娠を防ぐための薬のため、コンドームを付けずに性交渉を行っても良いというわけではありません。
アフターピルができるのは妊娠してしまう確率を低下させるということだけで、粘液から感染してしまう性感染症の予防ができません。
性感染症には多くの種類があり、かゆみや発疹が出来てしまうものや、発熱や身体にしこりが出来てしまうもの、病気によっては症状が全く出ていないのにウイルスや細菌の感染が不妊の原因になってしまうものもあります。
性感染症を防ぐためにはコンドームが一番適しています。
低用量ピルを飲んでいて妊娠しないことがわかっていても、コンドームを付けなければやはり性感染症になってしまう可能性は高くなってしまいます。
妊娠する確率を防ぐためにも、性感染症になってしまうのを防ぐためにも、アフターピルだけに頼るのではなくコンドームなどの避妊具を併用して使用することで自分の身を守ることができます。

人気記事一覧