• ホーム
  • アフターピルとプリベンと大豆について

アフターピルとプリベンと大豆について

モーニングアフターピルのプリベンは、避妊に失敗をしてしまった時に利用をする医薬品です。
服用はできるだけ早いほうが良いですし、そのほうが避妊成功率も高くなります。
そのためモーニングアフターピルのプリベンは、極力24時間いないの服用をすることです。
最も良いのは24時間以内で早急にですが24時間を経過したあとでも、72時間以内の服用であれば、避妊の成功率は75%ほどになります。
ですから日数的に2日以上経過したとしても、服用をすることで避妊効果は期待できることになります。
モーニングアフターピルのプリベンを手に入れるためには、婦人科での処方となるので、緊急避妊のための受診であることをお医者さんに伝えましょう。
インターネットがこれだけ普及をしていますので、ネット通販でも入手は可能ではありますが、普通の低用量タイプのピルとは違い、体への負担も大きくなります。
体調の不調も感じやすくなりますので、お医者さんのいる病院で処方をしてもらったほうが、安心は出来るでしょう。
モーニングアフターピルのプリベンは、配合量は低用量ピルとそもそも違うのです。
低用量のタイプを4錠分いっぺんに飲んだのと、同じ作用が働きます。
そのため体内では、ホルモン量が一気に増えすぎるので、頭痛や吐き気を伴う不調を感じやすくなります。
ですから大豆イソフラボンのサプリメントなどは、一緒に飲まないようにすることです。
ホルモンが体内に多すぎる状態になりますと、体調不良になるからです。
ですが普通の食事での大豆食品は、食べても問題はありません。
大豆を使った豆腐や納豆に味噌なども、普通に食べる分には一向に構いませんし、野菜類も食べたほうがいいでしょう。