• ホーム
  • アフターピルと中用量ピルの女性の体に対する負担

アフターピルと中用量ピルの女性の体に対する負担

アフターピルと中用量ピルは、どちらも緊急避妊のために投与される薬ですが、中用量ピルの場合は、服用方法が複雑で、さらに吐き気などの副作用が非常に強いことから、あまり投与されることがありません。
日本では特殊が事情がない場合には、アフターピルが投与されます。
中用量ピルは避妊率が高いのですが、吐き出してしまうことも多いので、女性の体に対する負担の大きさを考えると、アフターピルのほうが優れています。
現在では、血栓症などの重篤な副作用を起こさないために、低用量ピルや超低用量ピルが処方されるのが一般的ですが、避妊効果がないときに膣内射精された時や、望まないセックスで射精された時に緊急避妊用のピルが投与されます。
避妊は基本的にはコンドームを使用するのが良いとされますが、ピルを服用するとほぼ確実に避妊することができるので、多くの若い女性がピルを服用してます。
性病の感染の拡大を食い止めるためには、コンドームを使用するのが一番効果的ですが、女性が薬を服用するだけで、男性側はなにもしなくても良いというピルのメリットを考えると、今後もコンドームの使用は減少する可能性があります。
梅毒やクラミジア、淋病などを予防するためには、コンドームをするしか方法がありませんが、オーラルセックスのときにもコンドームを使用しなければならないので、男性にとっては大きな負担になります。
そのため若い世代のセックスにおいては、コンドームよりもピルのほうがメリットが大きいと認識されていて、性感染症のリスクの大きさを知らずに、不特定多数のパートナーとセックスをしている現状があります。
梅毒の感染者数が急増しているのは、エイズなどのリスクが低下したことなどが要因となっています。