• ホーム
  • アフターピルの飲み方で副作用を減少する?2つの種類

アフターピルの飲み方で副作用を減少する?2つの種類

瓶に入ったカプセル

ひと口にアフターピルと言っても、詳細にみると2種類に分けられます。
この2種類はそれぞれ特徴や飲み方が異なり、病院によって取り扱っている種類が決まっていたり、個人の体質や病院を受診したタイミングなどによって処方される薬が変わってきます。
近年はノルレボとヤッペ法という飲み方が主に用いられているので、それぞれの特徴を知っておくようにしましょう。
ヤッペ法とは、性行為から72時間以内に中用量ピルを2錠飲みます。
その後、12時間空けてから再度中用量ピルを2錠飲むという方法です。
通常は性行為から72時間以内に1回目を服用しますが、120時間以内であれば確実ではないものの効果はあるとされています。
費用が安く済みますが、2回目の服用をうっかり忘れやすいことや、ホルモン含有量の多い中用量ピルを短期間に何錠も服用することでめまいや吐き気などの副作用が強く出てしまうリスクがあるため、最近では使用する病院は減少しています。
ノルレボというアフターピルは、2011年に国内でアフターピルとして承認された最初の薬です。
ヤッペ法では中用量ピルを使用するため副作用が重く出ることが多く、2回飲むことが必要だったため飲み忘れる人も多くて避妊効果が低下する問題がありました。
このような問題点を改善させ、女性の身体にできるだけ負担をかけることなく避妊効果を高めたものがこのノルレボです。
こちらも性行為から72時間以内に2錠服用します。
服用はこの1回のみで良いので、副作用も出にくくなります。
こちらも120時間以内であれば効果がある程度は得られるとされていますが、24時間以内に服用したほうが90%以上の高い確率で避妊を成功させることができます。

人気記事一覧