• ホーム
  • アフターピルは妊娠の可能性が低下?出血無しは検査!

アフターピルは妊娠の可能性が低下?出血無しは検査!

アフターピルとは、避妊に失敗した場合に性行為後でも避妊効果を得られる緊急避妊薬のことです。
通常のピルと同じようにホルモン成分が配合されており、性交から72時間以内に服用し、薬の銘柄によっては更に12時間後にもう1錠飲む必要があります。
アフターピルは、精子と卵子が受精した場合でも子宮内膜に着床しにくくさせたり、排卵のタイミングを遅らせて受精させないようにするといった効果があります。
受精してしまってからでも効果が得られるため、望まない妊娠を避けるために有効な手段となっています。
アフターピルの場合、服用するタイミングが早ければ早いほど効果が高くなるとされています。
性行為から24時間以内に服用するのが望ましいので、できるだけ早く病院を受診して処方してもらうようにしましょう。
性行から12時間以内に服用すれば、72時間ギリギリで服用した人と比べて約8倍も妊娠リスクが低下すると言われています。
アフターピルを服用した場合、個人差はありますが早い人で約3日、遅い人でも3週間以内には出血が見られます。
この出血をもって避妊が成功したと見なされるので、万が一アフターピルを飲んだにも関わらず3週間以上出血が見られない場合は、妊娠検査薬や病院などで妊娠していないかをチェックする必要があります。
アフターピルを飲むタイミングが遅かった場合は避妊が出来ていないケースもあるので、3週間経過したらすぐにでも確認するようにしましょう。
このように、アフターピルは使用するタイミングが最も重要になります。
妊娠の可能性を低下させて自分の身を守るためにも、恥ずかしいからと受診を躊躇することなく、できるだけ早く医師に相談するようにしましょう。